読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父さんのメガネだけは割らないで。

父による娘の育児日記

娘426日目

426日目。

 

午前中に娘をストローラーに入れて薬局へ。
気温はマイナス3度ぐらいだっただろうか。

寒くないようにスノースーツを着せていた。

妻は、娘を抱いたまま、ストローラーを持ち出せるかしきりに確認していた。ちょっと重いか。

 

薬局へ着くと、すぐに娘は寝てしまった。

いつも10~11時ぐらいにちょっとだけ昼寝をするのだ。

 

午後からはご近所さん宅へお茶をしにいった。

娘、はじめは緊張していた様子だが、次第に独り言が増えて、ひとりで歩いて室内を散策していた。

プレゼントにおもちゃまでもらってご満悦だった。

 

我々が手土産にと持参したケーキを食べていると、横からもの欲しそうにしているので、妻がちょっとだけケーキのてっぺんにあったイチゴを食べさせた。

酸っぱい顔をしていたが、おいしかったのか、その後も欲しがった。

 

別のケーキのラズベリーはまだ早かったようで、味に困惑して吐き出していた。

まだまだ大人の味といったところか。

 

3時間程滞在して、自宅にもどった。

すぐに夕食を食べて、お風呂に入った。眠かったのか、すぐにぐずっていつもより短いお風呂タイム。

 

就寝前のミルクを飲んで、歯磨きをして、寝たのは8時過ぎ。

ベッドに入って5分ほどぐずっていたが、あっさり眠ってしまった。

歯みがきも比較的すんなりさせてくれていい子モードだった。

 

明日から私の仕事も始まる。またしばらくは平日にしっかり面倒をみれなくなるのが残念だ。